ペニス注射法から勃起不全の薬への変化

勃起不全の薬への変化

ペニス注射法は有名なブレンドリーの実演から10年後、初めてインポテンツ委処方薬が利用できるようになったのです。
カバージェクトとアルプロスタジルという名前で、二つとも錠剤とペニスに直接注射するか、尿道に注入しなければなりません。

 

それぞれ発売時には注射治療薬は2500万ドル、注入治療薬は2億ドルの総収入を上げました。真空ポンプや手術による移植など、医薬品以外の治療を含めるとインポテンツ治療薬向けの市場は1990年代後半には7億ドルに拡大しました。

 

その効果の検討はさておき、投与方法には改善が求められ、簡単で効果的な傾向両方のニーズが高まりました。そこで満を持して登場したのが勃起不全の薬のバイアグラです。

 

これらのニーズを背景にファイザー製薬はバイアグラの開発し、有名に泌尿器科医や研究者を雇ってインポテンツの研究に注力しました。

 

勃起不全の薬を発見

そして、一酸化窒素と言うこれまでの勃起不全の治療法とは無関係の科学実験がノーベル賞をとりました。一酸化窒素がペニスの充血に役立つとわかったことから、このノーベル賞を受賞した研究は、とにかく勃起不全治療に繋がったのです。

 

勃起不全の薬の登場以前は泌尿器科を学び、生物学、生理学、科学の権威とパートナーを組んだ新しい勃起薬の権威が羽振りを利かし、心理学の領域は時代遅れと影が薄くなったのです。

 

こうして泌尿器科医が性医学の分野を支配したのです。同じように勃起不全などの新しい医学用語がインポテンツのような時代遅れで汚名を着せる養母に変わって採用されました。

 

こうした背景の中で、小さな勃起不全の薬バイアグラがファイザー製薬によって発見され発売が開始しました。

 

これは多くの人が患っている昔ながらの衰弱性の勃起不全が一般の人々に関心を集めたこととなるのです。

 

バイアグラ登場時の世間の考え方

 

勃起不全の病気にしてしまえば、医師だけでなく、製薬会社の人間や人口ペニスのメーカーなども経営が上向きになってたすかる。

 

医療化された記事や広告がインポテンツを科学の課題として扱っているために、インポテンツに関する情報はマスコミからも求められるようになりました。

 

最も重要なことはインポテンツの医療かによって、男性がそれを素直に受け入れることができるようになったことです。

 

以前では男性の自尊心の中心にあるのが勃起だったのと、現代の泌尿器科額が技術的解決策、錠剤・注射・精神分析療法・バイアグラと提供する。

 

勃起不全の薬

医学的アプローチは行動思考のように思われましたが、医師たちは単にインポテンツの話をするのではなく、それに対して何か行動しようとした結果がバイアグラの処方なのです。

 

その後、ヘルスケア分野の合理化と保険医療機構の急増が治療目的のカウンセリングに対する保険の補償範囲の削減を招き、純粋に内科的な疾患の方が保険でカバーされやすい傾向にありました。

 

勃起不全を無いかの病気として扱ってもらえると、非難が少なく、保険の上でも有利だったので男性患者としても好都合だったのです。

 

しかし、これは医療現場の人間の利益にもつながる考えだったのです。性障害の考え方が変わりつつありましたが、開業医やジャーナリストは依然として、勃起不全の原因は器質性のもので、心因性のものは少ないという考え方を訴え続けてきました。

 

しかし、今ではこの考え方は間違いだと言うのが主流なのです。勃起不全の原因には心因性のものも多くあり、複合型と言う心因性と器質性の原因が共存していることもあるのです。

 

治療法から勃起機能を解き明かす

 

ファイザー社はバイアグラの発見を「幸運と科学が産んだ」事例だととらえています。社会学者はこうも言っている。バイアグラの事例では「連絡よりも先に荷物が届いた」と表現している。

 

性の科学と勃起不全の医療的解釈が医薬品開発の後に続き、科学知識を推進する様々予期せぬ事象が、バイアグラの偶然の開発を際立たせたのです。

 

バイアグラが我々から実際に学んだのは、思っていた夜もずっと複雑な勃起の生理機能でした。30年前には35歳で勃起不全になると、治療方法が何もなかった。

 

注射法から勃起不全の薬へ

しかし、人口ペニスや注射法が登場して、なんとかできるようになってきた。注射を使ってみたら血管が薬物に反応するとわかり、勃起の生理機能がわかった。

 

その後、冠拡張薬についての研究でノーベル賞が受賞され、勃起についてのみんなの理解も深まり、それにペニスの一酸化窒素圧を調べれば、勃起する人の方がしない人よりも血管拡張に必要な一酸化窒素が高いとわかりました。こういう風に、人間はペニスのせいかがくについて学んできたのです。

 

医薬品がきっかけで、過去を振り返り、勃起の過程を解き明かすようになったのです。人間が理解して、治療法を指示したわけではないのです。勃起不全とは本当のところ何なのでしょう。

 

勝手な解釈を記させていただくと、地球が人間によっては課されていることに、神様が起こって、これ以上人間を増やさないようにしているのかもしれないと考えている。